睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)という病気をご存知ですか?

寝不足な男性

就寝中のいびきや、日中の眠気はありませんか?ひょっとしたら睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome: SAS)かもしれません。

睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく「睡眠時」に「無呼吸」状態になる病気です。
「無呼吸」とは10秒以上の呼吸停止と定義されていて、この無呼吸が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上ある方は、睡眠時無呼吸症候群と診断します。

快適な眠りを妨げるだけでなく、生活習慣病やメタボリックシンドロームとの密接な関連が注目されています。放っておくと突然死の原因になったり、糖尿病や高血圧を引き起こすこともあります。

いびきをかく、日ごろ熟睡感を得られない、起床時に頭痛がある、少し太り気味という場合はもちろんですが、糖尿病や高血圧・心臓病などがあるような方は、 睡眠時無呼吸症候群(SAS)が潜んでいる可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群の検査

簡易検査は、小さな機械を手首に巻き指にセンターをはめて一晩就寝して行い、自宅で検査可能です。睡眠状態と呼吸状態を併せて判定する専門的な検査法である睡眠ポリグラフ(PSG)は専門の医療機関に入院して行われます。

当院では、自宅でできる簡易検査を行うことが可能です。また、精密検査を行う必要がある場合は専門の医療機関をご紹介させて頂きます。

睡眠時無呼吸症候群の治療

症状を緩和させる対症療法としては、歯科装具(マウスピース)やCPAP(シーパップ)という呼吸補助装置を夜間に付けて頂く方法があります。簡易検査でAHI(無呼吸低呼吸指数)が40以上の場合や精密検査でAHIが20以上の場合には、CPAPを付けていただく治療法が保険適応となります。

また、肥満気味の方の場合は首・喉まわりの脂肪が気道を狭くしている可能性がありますので、減量も治療の一環になります。また、お酒は気道の筋力を弱め、無呼吸をさらに悪化させる可能性があるので、寝酒はやめましょう。